Archive for 9月 2010

資金計画(3)

現状の金融情勢は、不安定で金利の先読みが厳しいのが現状です。

住宅ローンの現状は、ローンを組む人にとって非常に難しい要素が沢山あります。

金利0.1%の差が支払総額に大きな差を生みます。同じ住宅を建てるのに払う金額が何百万も違ってしまうことは少なくありません。

また金利が高いことは当然月々の支払いも増えてしまいます。

マイホームは家族に癒しや潤いをもたらしてくれる場所ですが、その住宅の支払いに毎月苦しめられていては、住宅の本来の目的がなくなってしまいます。

つまり金利システムの性質を理解して自分にとってメリットとなるローンはどういった方法か理解することが大切になります。

通常のローンは基本金利があり、2年後、5年後などに基本金利を見直す時期がやってきます、この最最初の契約では、基本金利からマイナス〇〇%と言うのが基本ですが、その場合の金融情勢によって基本金利自体が引き上げられる可能性があります。

契約初期の金利はかなり安いので目先に戸惑ってしまうと思いますがローンは30年以上続きますから金融情勢がどうなるか?なんて予測できません。

また繰り上げ返済手数料、保証料などの諸費用も頭に入れておかなければなりません。

また悩みも沢山あると思います。

ボーナス払いはどうすれば良いのか?ローンの基本的なことがわからなければ、不安も解消できませんので、金融機関でローンの無料相談会を行ってますので、参考にしてみてください。