Archive for 2月 2011

火災保険について

さて今回は意外に知らない火災保険のお話をしたいと思います。

火災保険とは?火災や落雷、爆発、風災、雪災などによって契約した住宅や建物に損害を被った場合に補償される物保険です。

火災保険は住宅用、事業用に分かれていて、費用は契約する建物や構造などにより異なります。

契約年数も一年からあり長く契約するほど掛け金が安くなります。

住宅の場合には、建物と家財道具が保障対象になります。

これhが契約の内容によりますので一概には言えませんが、建物のみの場合もあります。

契約者は所有者になりますので自己所有の場合は所有者が建物と家財で契約し、賃貸住まいの場合には、建物を大家、家財は賃貸している人という形です。

知人が北海道への転勤で初めて札幌で賃貸アパートを借りた時に、不動産会社の担当さんから説明を受けて知ったと言っていました。

意外と知らない方も多いというのも事実でしょう。

そして一番重要なのは範囲です。

火災や落雷、水害など様々ありますので保険の内容によっては保障外になるものもあります。

範囲が広ければそれだけ掛け金も高くなりますが、万が一のことを考えるのであれは万が一に備えてある程度の範囲はカバーしておくのが好ましいと思います。

契約書などにはよく目を通し自分が入るプランの補償範囲がどこまでなのか?

しっかりと確認しておきましょう。

新築を建てられた場合に火災保険の契約を必ずすると思いますが、工務店などによっては保険の代理店をしている会社もあると思いますので、一度詳しい説明を聞かれたほうがいいと思います。

大事な資産を守る為の保険ですからしっかりと相談して確認して慎重に決めましょう。