Archive for 8月 2011

中古住宅のメリット・デメリット

新築を建てたいけれども予算の都合がつかないということでしたら、中古住宅を購入することも考えてみてはどうでしょうか。

私の友人も資金的に難しいということで品川区の不動産物件を中心に中古住宅を探しています。

中古住宅のメリットは値段が安いところにあります。
土地もついた上での値段なのでとてもお買い得です。
なぜかというと古いと建物の価値が下がっていきます。
土地は価値があまり変わりません。
ほとんどが土地の値段というわけなのです。
中古住宅を購入してそのまま住み続けることができます。
中古住宅は質が良くないと思いがちなのですが、古いだけであって質は悪くないところも多くあります。
古い部分と使える部分があるので、古い部分をリフォームすることで問題ないようにすることができます。
中古住宅や中古マンションを購入するときにはリフォームやリノベーションをすることも多くあります。
大分に中古マンションを購入した友人もリフォームをしていました。
リノベーションはリフォームよりも大規模な改修工事のことをいいます。
リフォームが修理するためだとしたらリノベーションはより住みやすくするための工事なのです。
リフォームだと自分でインターネットで建材やサッシの販売サイトを見て、リフォームに使うものなどを自分好みのもの使うこともできますが、リノベーションとなると大規模な工事になるので工事を行う工務店や住宅会社に細かい注文までは難しくなります。
また当然リノベーションのほうがお金も多くかかってきますが、リノベーションをすることで
毎日気持ちよく過ごしていくことができるようになるのではないでしょうか。
不動産屋で中古住宅を購入した親戚はリノベーションをしていました。
お金は結構かかったそうなのですが、納得のいく住宅になったので満足しているとのことでした。
昔、大分の土地探しで新築をあきらめたことがあったので、よりうれしかったと思います。
中古住宅のデメリットとしては住宅ローンで借り入れできる金額が新築のようにはいかないことがあります。
他に欠陥があるかもしれないと考えられるところです。
ただ欠陥が重大であったときには損害賠償請求や売買契約の解除を申し入れることができます。
新築だけではなく中古住宅も考えてみるといいでしょう。