Archive for 7月 2014

結露と樹脂サッシ

住まいを新築する時、最近は、断熱性と気密性について、大きな関心を寄せるようになりました。住まいの断熱性や気密性が向上すれば、外部の自然環境に左右されることなく、生活することができるようになります。近年は、地球温暖化や都市部のヒートアイランド現象により、夏はかなりの猛暑になっています。ことに、熱帯夜が続き、体調を崩したり、住まいの中に居ながら、熱中症になったりすることもあります。また、冬は、室温が低下し、ヒートショックを起こしてしまいます。

私の先輩の住まいは、海沿いの高台にあります。そのために、太陽光は遮られることなく、明るく、開放的な空間になっています。せっかく素敵な眺望なので、住まいの南側のLDKには、大きな掃き出し窓を設けました。太陽光によって、かなり明るくなるだけではなく、自然の風も取り入れることもでき、居住性が高くなります。秋から春にかけても、太陽光が差し込むので、暖かく過ごすことができます。LDKの居住性が向上することで、家族みんなが集まりやすい空間になりました。ただ、実際に住んでみると、秋から春にかけて、海沿いの高台ということで、少し強い冷たい風が吹きつけてきます。窓ガラスについてはLow-E複層ガラスを採用しましたので、この冷たい風で、窓ガラスが冷やされ、周辺の空気が冷やされるのを防ぐことができますから、暖房効率が上がりました。しかし、窓のサッシについては、そんなに深く考えていませんでした。冬になると、アルミサッシはかなり冷えて、室内の周辺の空気を冷やしてしまうだけでなく、結露もしてしまいます。冬には、冷たい風が吹きつけてくるので、樹脂サッシを採用すれば良かったと思っています。より高い断熱性があるだけではなく、結露もしにくく、カビやダニの発生を防ぐことができますので、樹脂サッシにすれば良かったと思っています。