Archive for 7月 2015

子ども部屋のあり方

子ども部屋は住宅の中で一番変化が求められる空間です。子どもの成長によって部屋に求められるあり方は変わってきます。子どもがまだ小さい幼少期は、子どもがのびのびと遊べる空間が求められます。兄弟姉妹と共に遊ぶスペースがあると家で過ごす時間も楽しいものになります。小学生頃になるとお友達が家に遊びに来て遊ぶことも増えるでしょう。お友達と遊ぶ時間を大切にできる空間が求められます。
また兄弟姉妹共に勉強できるスペースもあると勉強も楽しみながらできます。この時期頃までは子ども達それぞれに個室を設けていても個室を活用する機会というのはほとんどありません。個室よりは広々ワンルームの子ども部屋が求められます。

中学生頃になると自分一人で過ごす時間も増えてきます。試験など集中して勉強する空間も必要となってきます。このころになると個室を求めるようになります。広々ワンルームから二つ、ないし三つに区切られる子ども部屋がいいと思います。1ルーム2or3ドアの子ども部屋が最近では多く取り入れられています。将来個室になることを考え、あらかじめ出入りするドアやクローゼット、照明に窓、コンセントなどこれらを設置しておきましょう。

これらの環境を整えておくことでいつでも空間を区切ることができるのです。子ども達が成長し、巣立っていけばまた子ども部屋は必要なくなります。第二のリビングルームにしたり、子ども達が帰省した時にゆっくり休める家が求められます。子ども部屋はこのように成長に合わせて空間のあり方に変化があるので、その変化に対応できる空間にしたいものです。