Archive for 4月 2017

間取り

家造りを進めるにあたりまず最初に決めることは間取りです。どこに何を配置させるかで住宅の住み心地や暮らしやすさが大きく変わってくるだけに、暮らしをイメージしながら決めたいものです。専業主婦である私が重視したのが家事動線です。家事は365日休みがなく、自分が高齢になった時でも行わなければなりません。毎日の家事を効率よく行え、高齢になった時でも体に負担がかからずスムーズに行えるようにするには家事動線をコンパクトにしておくことがまず第一なのです。

家事の中心はキッチンです。キッチンとよく行き来をするのが洗面室です。そのためキッチンと洗面室はできるだけ近くに配置し、行き来のしやすさを確保しましょう。キッチンで朝食の支度をしながら、洗面室で洗濯をすることもありますし、夕飯の支度をしながら、入浴の事前準備をすることもあります。同時に2種類の家事を行うことも多いので我が家は、キッチンと洗面室を隣接させました。扉一枚で互いの空間を行き来でき、横移動で4、5歩で移動できるので家事のしやすさを実感できます。

また、洗濯機を設置している洗面室と洗濯物干し場の動線も大事です。洗濯は家事の中で体力がいります。重たい洗濯物を抱えて移動しますし、肩を上げて衣類を伸ばしたり、ハンガーにかけたりと動作も多いです。動線が短いことで洗濯物を抱える手間が軽減されますし、衣類を干しやすく動作がしやすい広さや、干しやすいように物干し竿の高さにも注意したいものです。動線に配慮して無駄な動きがない配置で暮らしやすさを実感できる住まいを目指しましょう。