アウトドアリビングを楽しむ家

住宅は室内の快適だけでなく、室外での快適性も考えてほしいと思います。そうすることでワンランク上の暮らしを送ることができるのです。我が家は室内の快適はもちろんですが、庭との距離を縮めてくれるアウトドアリビングを楽しむ家にしました。リビングに面して設けられたウッドデッキは、横幅があるだけでなく奥行も確保しました。ゆったりとしたウッドデッキスペースがあることで、ここでの過ごし方に幅を広げられます。

まずこのウッドデッキの素材は、木と樹脂を混ぜてリサイクル建材で、木材と違い腐らず、耐久性があります。メンテナンスフリーの素材なので取り入れやすい素材と言えるでしょう。そしてウッドデッキとリビングの境に段差をなくしバリアフリーにしました。段差なくスムーズに行き来できることで、小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心してウッドデッキを利用できます。また行き来のスムーズさはウッドデッキへの近寄りやすさを高めることにも繋がるのです。

このウッドデッキがあることで室内のリビングにより広さや開放感を与えてくれます。リビングの延長としてこのウッドデッキを使用できるのです。子どもと遊ぶスペースとして、ペットと触れ合うスペースとして、庭で遊ぶ子ども達を眺めながら、ママ友とゆっくりお茶をするスペースとして、庭でバーベキューをした際にはゆっくり食事をするスペースとして多目的に使用できるウッドデッキスペースは憧れでした。庭の景観を楽しみながら、自然と隣り合わせの時間を送ることができ、日頃のストレスも緩和されること間違いありません。室内だけでなくアウトドアリビングを楽しめる家を目指してほしいと思います。

Comments are closed.