Posts tagged ‘キッチン’

パントリー兼ママスペース

キッチンにパントリーを設けるのは最近では主流となっています。パントリーがあることでキッチンの収納力がアップし、物がきちんと片づけられることでキッチンを広々と家事のしやすい空間へとしてくれるのです。キッチンの収納力がないとキッチンの床に買い物袋が置きっぱなしになっていたり、キッチンのスペースを物が占領してきます。家事効率を下げてしまうのでそれは避けたいものです。

私の友人宅のパントリーはウォークインタイプで食品庫として使用するだけでなく、ここにカウンターを設けてママスペースも設けられていました。キッチンとパントリーはアーチ状の垂れ壁で繋ぎ、建具で仕切らないことでママスペースで自分の時間を過ごしながらも、LDKにいる家族の気配を感じることができるのです。わずかでもパントリーがあると便利なのですが、ウォークイン型の広々としたパントリーは主婦の憧れです。ただ食品庫としてしまうのではなく、家事の合間の休憩をここで過ごしたり、家計簿をつけたり、裁縫をしたり、パソコンをしたりちょっとしたデスクワークを行うにはママスペースがあると便利です。

我が家の子ども達はまだ小さいので何をするにも親と一緒です。24時間子どもと過ごすママにとって、少しは自分一人の時間を過ごしたいと感じる親も多いのではないでしょうか。そんな時、ママスペースがあれば、目の離せない子どもの様子はきちんと把握しながら、自分の時間も大切にできるので家事への原動力にもなります。パントリーをただの食品庫としてしまうのではなく、このようにママのホッと安らげる場所もあると嬉しいですね。

キッチンスタイル

最近の一番人気のキッチンスタイルは、対面式のフルオープンキッチンです。このキッチンスタイルの魅力はLDKの一体感を高められることです。またキッチンが中心となるような家族が集まりやすいキッチンでもあります。きれいに片付いている時は、見せるキッチンとして存在するのですが、問題は調理中や調理後の片付いていない時です。このような時でもリビングやダイニングから丸見えになってしまうので、見た目にいいものではありません。片付いていない時に来客者でも来たなら、スムーズな対応がなかなかできません。

そこで我が家は対面式のセミオープンキッチンにしました。フラットに伸びるカウンターも魅力的なのですが、キッチンの前に手元がしっかり隠せるように腰壁を設けました。LDKの一体感を大きく損なうことなく、しかし手元はしっかり隠せるスタイルです。手元をしっかりと隠せることで調理中や調理後の片付いていないキッチンでも、ダイニングやリビングから見られても大丈夫です。また急な来客者が来てもごちゃごちゃ汚いキッチンをお見せすることがないので安心してお通しできます。

またこの腰壁を設けたことでニッチを設けました。調味料を収納できる調味料入れニッチと、ダイニング側にはマガジンラックとしてのニッチを設けたのです。壁厚を利用して収納スペースを充実させることができたので、キッチンがよりスッキリとします。

またパソコンや子ども達が勉強するスタディーコーナーとして活用できるカウンターを腰壁に設けました。カフェ気分も味わえるこのカウンターはママ友が遊びに来た時にも重宝しそうです。キッチンスタイルも多様化しているので自分にぴったりの、また空間に適したキッチンスタイルにしたいものです。

家事の効率を高めてくれるキッチン

キッチンでの家事効率を高めるのであれば、キッチンの収納力が非常に重要になってきます。シンク下やコンロ下、作業スペースの下の収納力は非常に高まっています。収納力だけでなく、適材適所に必要な物を収納し、また出し入れしやすくすることで料理の効率も片付けの効率も高められます。

大きさのあるものや、長さのある調理器具など様々な物を収納します。例えば、菜箸やお玉など長さのあるものは立てて収納します。使用頻度の高いまな板や包丁も専用のポケットにサッと取り出せるように収納しておくだけで、キッチンの作業をスムーズにしてくれます。

コンロ下にはコンロ部分で使用するフライパンやお鍋などを収納します。作業スペースの下の部分には調味料などを収納します。従来は開き戸タイプのキッチン収納が多かったですが、引き出し収納が最近では主流となってきました。引き出し収納にすることで、奥に収納したものも把握しやすく、また出し入れしやすいという魅力があります。ソフトに閉まるので収納物を衝撃から守ってくれます。

キッチン下の部分の収納だけでなく、吊り戸棚部分の収納にも目を向けてみて下さい。吊り戸棚を設置しないキッチンスタイルも多いです。吊り戸棚は高い部分に収納するので物の出し入れが非常にしづらいです。棚を目線の高さまで上げ下ろしできる吊り戸棚にすることで、キッチンの収納力をアップさせ、物の出し入れもしやすくなります。

洗った食器をそのまま収納し、温風機能で乾燥させることができるものもあります。このように収納に注目してキッチン選びをすることでキッチンをよりよい環境に仕上げてくれることでしょう。

狭小住宅

最近テレビや雑誌でよく見かける「狭小住宅」。都心の方ではなかなか広い土地を個人所有するのは難しく、代々受け継いだ狭い土地で、利用可能な土地の広さが10坪〜15坪でそこに家族で住む家を建てるというものです。

九州の田舎に生活する私としては、都心の土地の高価格にいつもびっくりするのです。こんな狭いのにそんなに高いの?と。ですからせっかく持っている土地を有効に利用するためにその場所に家を建てるのですが、建築士の方の素晴らしいアイデアでとても狭いとは思えない素敵な家ができるのです。

狭小住宅といえども、狭さを感じず快適な暮らしができたら問題ないですよね。空間利用と採光の取り入れ方などにいつも感心させられます。

生活スペースは玄関から始まり家族で集うリビング、キッチン、トイレ、浴場すべて必要なものばかりで、個人のプライバシーも必要ですね。その全てをクリアしてみるからに住みやすそうな家を見れば、狭小住宅と言うものがこれからのますます増えてくるように思えます。住まいにはいろいろな形がありますが、アイデアを出す建築士の腕次第で素人には到底考えつかない家ができるのですから素晴らしいですね。広い家には広い家の良さがあり、狭小住宅には狭小住宅の良さがあると思います。

家族との距離を身近に感じられるのはそれ程大きく広い家ではないほうがいいですよね。家族の生活が健康で快適に暮らせる家ならば狭小でも問題はないでしょうが、その狭小住宅がより便利で快適ならば予算に見合った家創りが今後更に可能になり、楽しくて素敵なものになるでしょうね。