Posts tagged ‘収納’

住宅への不満をなくすためには

住宅への不満の上位にあげられることは収納です。収納スペースが欲しいと私の周りでも皆が口々に話しています。私も今住んでいる家への不満はまずは収納です。しかし賃貸住宅なので我慢できますが、これがマイホームになると話は別です。

失敗しない家造りをするためには収納スペースの確保は大前提で設計すべきと思っています。そのためには事前に収納量を確認しておくということも大切なのだと思います。
そして各部屋ごとに必要な収納量を確認しておくことで、必要な収納スペースは分かります。そうすることによって余裕を持って設計することが可能になってきます。

また物を減らす努力も必要です。いらない物、長年使用していない物は処分する勇気も持つことです。各部屋に収納スペースを確保できないようであれば必要に応じた場所に使い勝手のいい収納スペースを設けましょう。デッドスペースをなくし収納スペースにすることで狭い家でも部屋をスッキリさせることができ居心地も良くなります。また見せる収納も上手に組み合わせることで部屋をスッキリさせつつオシャレなデザイン性の高い空間へと仕上がること間違いなしです。

私が今検討している収納スペースは玄関にシューズクロークを広く設けるかどうかです。シューズクロークが広ければ、外に物置を設置せずにすみます。外で使用する子どもの遊び道具やバーベキュー用品、ホースや車の掃除用具など結構収納しておきたいものがあります。それらを住宅内に安心して収納するためにはシューズクロークを設けそれらを収納できるスペースが必要です。玄関にそのスペースを確保できるのか、外に物置を設置した方がコストを抑えられるのかしっかり検討し不満のない家にしたいと思っています。

ウォークスルーシューズクローク

我が家の新築住宅にはウォークスルーシューズクロークを設ける予定にしています。
最初は通り抜けるスペースが余計で収納力に欠けるので止めた方がいいのではという意見も出ました。
シューズクロークはあくまで収納するための空間なので収納力を重視した方がいいなかとも思いました。

また通り抜ける構造にすることで収納部に扉をつける必要が出できます。
この扉の分も余計にスペースを必要とするので収納力に欠けてしまうのです。
このようなデメリットも踏まえて考え出した結論がウォークスルーシューズクロークを採用することでした。ウォークスルーにすることで確かに収納力には欠けてしまいます。
しかし便利さは高まるのです。

メインの玄関は常に靴が散らからずきれいな空間を維持できます。
またシューズクロークを通ることで自分の靴は自分で管理する習慣を身に着けることもできます。収納部に扉を設ける理由は靴の嫌な臭いや、土臭い臭いがメインの玄関や室内の方に漂うからです。

しかし我が家は収納部に扉を設けません。
そこをオープンにしておくことで扉を設けるデッドスペースを無くし、収納力をアップします。臭いへの対策として窓を設けて換気をできるようにするにします。
それでも気になれば換気扇を設けようとも考えています。
収納している物が直接目に入らないようにデザイン性のあるのれんを付け、目隠ししようと思っています。メインの玄関とウォークスルーシューズクロークで家族用の玄関を設けることでメリットもたくさんあるのです。

自分達のライフスタイルに合わせて適したスタイルを採用したいものです。

収納を重視する家

我が家も新築住宅を購入する運びとなりました。
友人や両親に言われることの大半が収納を重視した家造りをすることです。
収納スペースは広々とした部屋を一室確保するというのではなく、適材適所に収納スペースを確保する方が便利だと言うのです。
屋根裏部屋やロフト、二階に大きな収納庫を設ける住宅も多いです。

しかし二階にこのような広々と収納できる空間があっても使い勝手のいい収納とは言えません。
ロフトや屋根裏部屋は季節物など普段使用しない物を収納するのに適した収納スペースです。
普段使用する物をロフトや屋根裏部屋に収納していればいざ使用する時に出し入れするのが面倒で使い勝手のいい収納スペースとは感じないでしょう。
最近では玄関には大きな靴箱を設けるよりはシューズクロークを設けて靴だけではなく、子どもの三輪車や自転車、旦那さんの趣味のゴルフ用品などまで収納できるスペースを確保しているスタイルも多いです。

またキッチンには食品庫のパントリーを設け、キッチンの床に食材が広がることがないようにきちんと物を整理して収納している人も増えてきました。
トイレは手洗いスペースの下の空間を有効活用させトイレットペーパーなどトイレ関連用品をしっかり収納できるようにしていたりとそれぞれの空間に必要な収納スペースを確保した造りが必要なのです。
収納スペースを確保する際には現在持っている物を事前に把握し、それらをきちんと収納できる広さを確保するとともに少し余裕を持たせることが大事です。
収納に充実した家は満足度の高い家となりそうですね。