Posts tagged ‘土地’

希望地!

  聖徳太子のように器用なら良いのですがテレビがついていると書類を読めない、電話を使っている時は片方の耳を塞がないと話せないという超単細胞人間のAさん。

あだなは「大徳太子」・・・珍しいですねぇ、小さい頃に頭でも打ったのですかAさん?

さてAさんは一戸建てを所有しておりますがこの土地建物を処分して引越したいと考えております。実はどうしても住みたい町があるのですが住みたい範囲がある程度限定されているため不動産屋さんに頼んでも希望の土地や大分の中古住宅がなかなか見つからないのです。

この町には清流がありその川から歩いて数分以内のところに住むのが希望ですがAさん三度の飯より釣りが好きで川のほとりに住むのが夢なのです。

少し下流から上流まである程度の距離はありますが川の近くなので斜面などの住めない土地も多くなかなか見つからないのでした。

川から少し離れたところに繁華街がありそこまで行くと土地建物などの物件はあるのですが川の近辺は昔から土着の人達が住んでおり住人の出入りがほとんど無いようなのです。

そこでAさんが考えたのは、なるべく川に近い貸家かアパートなどの賃貸物件を探して引越し所有している土地建物は売却します。

引越して来たらまず自治会などの地域団体に加入し地域の人にAさんを知ってもらいます。

その後は地道に公図と登記簿を調べて良さそうな土地の地主に売ってもらうか定期借地権をつけて貸してもらうか交渉して行く事にしました。

だんだん地元の人と仲良くなれば相談も出来ますしもしかしたら紹介してもらえるかも知れません。自分で土地探しをするのは大変でしょうが地道に探す事にしたAさんでした。

どうしたのでしょう?Aさんが電話をかけながらテレビの内容をメモ書きしているではありませんか、ついに聖徳太子に出世したのか!・・・いえいえあれは双子の弟ですよ!

さて皆さん、どうしても住みたいところがあってもなかなか物件が無い場合どうすれば探せるのでしょうか?探すのは難しそうですが根気しかないと思うのですがどうでしょうか?

違った方法

土地や資金計画のお話しをしてきましたが、これらのことを、こなしていくにはかなりの時間と耐力が必要となります。

住宅の計画を考え始めてから完成・引渡しまでに要する時間は約1年以上はかかると言われています。

もちろん建築主になる方は、住宅計画は初めてと言う方がほとんどで、何をどうして良いのか?わからなくなってしまうと思います。

私がこれまでお話してきたことは、ほんの一例で住宅計画のほんの一握りだと思います。

こうした中で土地探し、資金計画、注文住宅にするのか?

ハウスメーカーで建てるのか?施工業者の選択など様々な要素が多すぎて悩んでしまうと思います。

そこで私がおすすめするのは、窓口の一本化です。

まず住宅の設計・施工をお願いする住宅会社を探すところから始めます。

出来れば不動産部を持っている会社か提携をしている会社が理想です!

その訳は土地探しと住宅のプランを同時進行で進めることが出来るからです、土地探しには、住宅プランを考えそれが当てはまる土地をお客様の希望とあわせて探す方法もあります。

会社が同一であれば住宅営業と、不動産の営業のレスポンスが上るので、打合せ等同時にできるので少なくてすみますし、費用の割り振りもしやすくなります。

また資金計画も住宅会社でしてもらうことが出来ますし、ホームローンドクターなどの相談を受けることも出来ます。

こうした点から、先に住宅会社を探すことから始める!と言うこともメリットがありますので、必ずとはいえませんがぜひ参考にして下さい。

土地探し(4)

土地探しは色々な物件を見ることも大切ですが、まずは家族の希望をまとめることから始めましょう。

土地が良い条件なのかどうかは、最終的に契約者の希望によって変わってきます。

土地の希望は、家族の構成や環境によって大きく変わってきますが、まず話し合いをして希望することを箇条書きでも良いので書き出すことから始めましょう。

希望が沢山あればあるほど土地が見つかりにくくなりますし、金額も上る可能性が出てきます。

もちろん希望が沢山あるとは思いますが、ある程度希望がそろったら、今度は希望に順番をつけて「これだけは絶対外せない」という条件を見つけましょう。

土地探しには妥協が必要です。

すべての希望をかなえることは中々難しいと思いますので、優先順位をつけることで土地を探しやすくしましょう。

この希望を探す中では、現状のことばかりではなく、将来のこと、例えば子供の高校への通学の方法、電車通学?、自転車通学可能な範囲に高校があるか?

車が増えた場合の駐車場の確保が出来るのか?など長い期間その土地に住むことになるのですから、長いスパンで考えることが重要です。

その土地に一度住んでしまば、適応できるところも沢山出てくると思いますが、逆に言えば長い期間住むことになるし、気に入らないから引っ越すというわけにもいきません。

ずっと住みつずけて行くにあたっての重要事項を考えながら、自分たちの希望をしかっりと確認していくことが大切だと思います。

土地探し(3)

土地探しの中で、気に入った土地が出てくると思います。

そうした場合あなたならどうしますか?私がおすすめする方法は、気に入った土地は何回も見に行ってください。

土地の良しあしを短時間で判断するのは、土地に詳しくない方には非常に難しいことです。

プロでも中々一回で土地の条件をすべて確認することは困難です。

土地は365日環境が変化します。朝と夕方の太陽のあたり方も違いますし、雨の日の水はけなど様々な顔があります。また近隣の時間による変化も確認しておきたいところです。

例えば道路の交通状況による騒音や、近隣に工場などの騒音などの問題がないか?

交通の利便性、お子さんがいらっしゃるのであれば、学校などの通学路等は危険がないか?

近隣の住民はどんな人たちなのか?一度見ただけでは判断できないほど判断要素は沢山あります。

土地を探す場合は、じっくりと時間をかけて探すことをお勧めします。

土地その物も、埋立地などにより家を支える土地の状態も、土地選びの重要な要素になってきます。

埋立地などは工事中の地盤を締め固める作業が不均一な為に、家を建てた後の住宅の一部が沈む不同沈下を起こす場合もあります、このようなことがないように現在では地盤調査が義務づけられていますが、購入後にしか検査を行えないのが現状のようです。

いくら丈夫な基礎を作っても地盤がそれを支えらなければ何の意味もありませんから、地耐力はとても重要な要素ですので参考にしてください。

土地探し(2)

さて土地探しには、不動産会社に依頼しなければなりません、不動産購入時に仲介する不動産会社を、自分の意思で選べることを知っていますか?

一部の例外を除き、現在取引されているほとんどの不動産売物件は、どこの不動産会社を通しても購入することができます。

ではどんな不動産会社を選べばいいのでしょうか?

まず土地探しをする場合に不動産会社の担当営業と動くことが多くなってくると思います。

何の業界にもありますし、間違いやすい大きな勘違いをする方が多いですが、営業マンは敵ではなく味方にしなければなりません。

営業マンは、あなたと売主の間に入って間を取り持ってくれる大事な相方に成ります。

もちろんプロフェショナルですから、担当する人によって態度を変えたりは基本的にはないと思いますが、なかには営業に対して常にケンかごしの方ももいらしゃいます。

これは私個人的な意見になるかもしれませんが、マイナス以外の何者でもありません。営業マンはいわばあなたの代理です。

あなたにとって、良い方向に話しを進めてもらわなければなりません。

営業も人の子ですから感情があります。嫌なお客様に尽くせるでしょうか?言うとおりにして下さいと言っているわけではありません。上手く営業と付き合うことで、あなたのために一生懸命交渉をしてくれると思いますので、営業との付き合い方も土地探しのコツの1つです。

有能な営業を見つけられるように営業を見る目も養っていきましょう。

土地探し(1)

住宅を建てるにあたって、土地を探しはじめると、まず目にするものが不動産のチラシだと思います。

チラシは様々な内容が書き込まれていますが、「売主が見せたい」情報は大きく、「あまり見せたくない情報」は小さく掲載されていることが多いものです。

土地には様々な条件がありプラスもあればマイナス要素ももちろんあります。

土地の相場がわかっていれば、「この内容で、この価格は安すぎる・・・マイナスの要素が何かあるのかな?」と気づくこともあると思いますが、土地探しは、一生のうちで一回すれば良いくらいの回数だと思います。

プロでなければ、相場で土地の良しあしがわかるわけがありません。

チラシの情報が本当に正しいのかしっかりと判断しなければなりません。

チラシの情報だけで判断せず、現地をよく確認することが大事です。チラシと現地では方角が違っていたり、駅まで5分か実際に歩いて確認してみたり、スーパー、薬局などの周辺施設が現在も営業しているのかなどしっかりと自分の目で確認をしましょう。

複数の土地を見ることで、あなた自身の「見る目」も養われますし、土地の相場のシステムが分かってきますから、様々な土地を見てみることが大切です。

土地を購入すればその土地に住宅を建てて長い期間住むことになると思います。

土地探しは、夢のマイホームの為の第一歩ですし、慎重にならなければならない部分ですから、時間をかけて経験をつみながら探して見てください。