Posts tagged ‘家具’

造り付け家具

新築やリフォームの際に生活する上で必要な家具をあわせて計画する家庭も多いです。このようにすることで家具を選ぶ手間が省けるのです。気に入った家具が見つかってもサイズが合わなかったり、逆にサイズが合ってもデザインがあまり気に入らなかったりとなかなか家具選びも難しいです。

家造りと同時に家具を計画することで、隙間を生まず建物にピッタリと収まる家具を手に入れられますし、自分好みの素材、色味、デザイン、仕様にすることができるのです。隙間なく床から天井まで有効活用させることで収納力を高められますし、隙間が無いことで掃除もしやすいのです。

また、自分好みの家具に仕上げることで世界に一つだけのオリジナル家具となり、家具への愛着も高まりますし、大事に使う心掛けにもなります。手持ちの家具との調和を合わせることで室内全体の一体感も高まりますし、室内の雰囲気との調和にも配慮してより家具が空間に馴染むようにしておきたいものです。建物に合わせて造り付けることで、耐震性にも優れています。そこで最近では地震対策の一つとして家具を造り付けるという家庭も増えています。

このような魅力がある一方で、素材や仕様にこだわることで非常に高価な家具となってしまいます。海外で生産された安価な価格の家具が多く出回っているだけに予算に合わせて家具を選ぶようにする必要があると思います。既製品と造り付けと上手に組み合わせ予算内で最高の家具を設け、空間の重要なパーツとしたいものです。

造り付け家具

新築住宅購入時やリフォームの際に、オーダーメイドで造りこんだ家具のことを造り付け家具と言います。テレビ台やクローゼット、本棚など生活する上で欠かすことのできない家具を造り付けにする家庭が増えています。造り付け家具の魅力は、建物の空間に合わせてその場所にぴったりのサイズでおさめることができることです。自分好みの素材やデザインに作ることができオンリーワン家具にすることができます。自分好みに仕上げられることで家具を大事に使用するようにもなりますし、便利で使いやすさも増します。

リビングのテレビ台などは壁面収納と一体化させたり、オープンシェルフにして見せる収納棚にしたり、扉を付けて隠す収納を取り入れたり好みや空間に合わせてデザインを自由に決めることができるのです。
またこの造り付け家具は耐震性にも優れているのです。壁に家具を固定させた造りにするなど、突っ張り棒や金具などで固定をせずに家具の倒壊などを防止することが可能です。

造り付け家具にもデメリットがあります。それは模様替えをしたいと思ってもできません。また使用する素材や細部にまでこだわることで価格が高くなってしまいます。最近では置き型家具は非常に低価格で購入できるようになりました。それに比べ割高になり断念する人も少なくありません。我が家にもカップボードを造り付けにしてもらいました。空間にピッタリのカップボードを設けることができ、デッドスペースが生まれず空間を有効的に利用できています。造り付け家具のメリットデメリットを踏まえて取り入れましょう。