Posts tagged ‘床下’

床下の断熱、気密

住まいを新築する時、床下の断熱を考えないといけません。床下の断熱には、床断熱と基礎断熱があります。床断熱は住まいの床部分に断熱材を施工するもので、基礎断熱は住まいの基礎の立ち上がりに断熱材を施工するものです。2つの違いは、断熱材を施す場所ですが、もう1つ、前者は床下換気口を設けて、換気扇などで湿度を下げることができますが、後者は、床下換気口を設けず、密封状態にしますから、換気扇などで簡単に外部へ湿気を出すことはできません。もちろん、基礎断熱のメリットは大きいのですが、そのデメリットも熟知して、対策を取らなくてはいけません。

私の友人が住まいを新築する時、住まいの外の環境に左右されにくい基礎断熱を採用することにしました。床下換気口を設けないので、床下が密封されて、断熱効果も抜群です。もともと基礎断熱は寒冷地で発達したものですが、基礎の立ち上がりに断熱材を施工しますので、断熱化気密化が比較的容易にできます。基礎断熱の場合は、床下空間が室内と同じ環境で、基礎コンクリートや床下空間を畜熱体として働いてくれますから、断熱だけでなく、省エネにもなります。そのためには、床下空間を含めて、換気をしなしてはいけません。つまり、床下空間の空気は室内に流れてしまいます。

床下には、防腐剤や防蟻剤を施工しますが、その薬剤が室内に流れ込むこともあります。住まいを新築して、すぐ入居した場合、建材のホルムアルデヒドや塗料などでシックハウス症候群に悩まされることもあります。しかし、それだけでなく、知らないうちに、床下の防腐剤や防蟻剤が流れ込んでしまうこともあります。床断熱の場合は、床下と室内は完全に遮断されますから、少なくとも、床下からの化学物質の流入を防ぐことができます。本来、寒冷地で発達した断熱法です。よく考えて、採用することが大切です。