Posts tagged ‘間取り’

横一直線の家事動線

私が家造りの際に注目したのが家事動線です。家事の中心であるキッチンからの動線を横一直線で繋いで各空間を配置したのです。まず一日三度ある食事の支度は、キッチンとダイニングの動線が重要です。キッチンとダイニングを真横に配置しました。キッチンとダイニングを真横に配置することで配膳や食後のお皿下げの際の動線が短くなり、効率良く行えるようになりました。

そして、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられるようになり、積極的にキッチンへ来てはお手伝いをしてくれるようになりました。そして、キッチンとよく行き来を洗面室はキッチン横の通路を挟んだ隣に配置しました。キッチンと洗面室が4、5歩で行き来ができることで同時に2種類の家事が効率よく行えるようになりました。キッチンで食事の支度や食後の片付けをしながら、入浴の事前準備をしたり、洗濯作業を行うことも多いだけにこれらはできるだけ動線を短くして、効率よく行えるようにしておくことで家事の時短が実現できるのです。

そして、洗面室に勝手口を設けてその先に洗濯物干し場を設けました。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重くなるだけに、それを抱えて移動する距離は短い方が体に負担がかかりません。洗面室の先に洗濯物干場があることで洗濯物を抱える手間がほとんどなく、移動距離も短いので洗うから干すという作業が効率よく行えます。洗濯物干し場・洗面室・キッチン・ダイニングと横一直線で繋いだことで家事がしやすく行える住まいとなっています。

間取り

家造りを進めるにあたりまず最初に決めることは間取りです。どこに何を配置させるかで住宅の住み心地や暮らしやすさが大きく変わってくるだけに、暮らしをイメージしながら決めたいものです。専業主婦である私が重視したのが家事動線です。家事は365日休みがなく、自分が高齢になった時でも行わなければなりません。毎日の家事を効率よく行え、高齢になった時でも体に負担がかからずスムーズに行えるようにするには家事動線をコンパクトにしておくことがまず第一なのです。

家事の中心はキッチンです。キッチンとよく行き来をするのが洗面室です。そのためキッチンと洗面室はできるだけ近くに配置し、行き来のしやすさを確保しましょう。キッチンで朝食の支度をしながら、洗面室で洗濯をすることもありますし、夕飯の支度をしながら、入浴の事前準備をすることもあります。同時に2種類の家事を行うことも多いので我が家は、キッチンと洗面室を隣接させました。扉一枚で互いの空間を行き来でき、横移動で4、5歩で移動できるので家事のしやすさを実感できます。

また、洗濯機を設置している洗面室と洗濯物干し場の動線も大事です。洗濯は家事の中で体力がいります。重たい洗濯物を抱えて移動しますし、肩を上げて衣類を伸ばしたり、ハンガーにかけたりと動作も多いです。動線が短いことで洗濯物を抱える手間が軽減されますし、衣類を干しやすく動作がしやすい広さや、干しやすいように物干し竿の高さにも注意したいものです。動線に配慮して無駄な動きがない配置で暮らしやすさを実感できる住まいを目指しましょう。

室内用洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。洗濯物がしっかり乾かず嫌な臭いがすると次第にストレスを感じてしまうものです。晴れた日洗濯物を干すスペースはしっかり確保して住宅の間取りを考えることでしょう。雨の時や外出して外にずっと洗濯物を干せない時の洗濯物干場もきちんと確保しておくことが家事にストレスを感じることなくスムーズに行う一つのポイントだと思います。

私は室内用の洗濯物干し場は洗濯機を置く洗面脱衣所か二階のホールのどちらかに設けたいと思っています。洗面脱衣所に室内用洗濯物干し場を設けることで洗濯が終わったらそのまま移動することなく洗濯物を干すことが出来ます。家事の時短に繋がり忙しい主婦にとっては家事がしやすいと感じることでしょう。もう一か所の二階のホール部分は多目的に使用できる空間として捉え、室内用洗濯物干し場として活用できるようにポールを脱着できるようにしておきます。そうすると悪天候時はそこに洗濯物を干すことができます。

雨の時だけでなく最近では大気汚染も飛来するので外に洗濯物を干すことに抵抗を抱くことがあります。そんな時でも室内に洗濯物をきちんと干すスペースを確保しておくと便利です。二階のホールに洗濯物を干すことを考えているならば方角を考え日当たりのいい方角にするべきです。また窓を設け室内に干していながら太陽の日差しを浴び、風通りを良くしておくことも大切です。どちらがいいかまだ決めかねていますが、家事動線をしっかりと考え自分に適した方に室内用洗濯物干し場を設けるようにしましょう。

間取りと趣味

住まいは生活をする場所ですが、単に、家族が寝食を共にする空間と言うばかりではありません。子ども達にとっては、勉強をし、遊び、育っていく場所であり、大人は趣味をする場所でもあります。
そのため、住まいの中には、生活に必要な荷物だけでなく、趣味に必要な道具やコレクションなどが溢れています。趣味と言っても、インドアでするものだけでなく、アウトドアでするものも多いです。
アウトドアでするものの収納というのは、玄関や勝手口などの近くが出し入れに便利です。

私の友人の趣味はウインドサーフィンで、そのため、海岸沿いに住まいを新築しました。普段は仕事で忙しいのですが、休日には、夫婦だけでなく、仲間たちと楽しんでいます。ウインドサーフィンの板は案外大きく、嵩張ります。収納については、考えなくてはいけません。そこで、玄関土間から繋がって、住まいの北側に通り土間を作り、その壁面を利用して、収納することにしました。その土間の突き当たりには、色々な道具を納めることができる納戸も作りました。その隣には、洗面脱衣所やバスルームもありますから、住まいの中へ入る前に、そこで、シャワーやお風呂に入ってから、LDK入ることができます。

この通り土間から水回りに入る所の壁面を利用して、家族の靴などを収納するように作ってもらいました。玄関はありますが、来客専用としています。通り土間の壁面には、ウインドサーフィンの板だけでなく、子ども達のサッカーボールや野球のバットやグローブなど、アウトドアで使って、汚れていて、住まいに入れたくないスポーツ道具もフックをつけてもらって収納するようにしています。住まいへ入る動線の途中の壁面に、収納を考えましたので、自然と片付けることができますし、必要な時は、すぐ取り出せます。お陰で、玄関はすっきりと片付いています。

子ども部屋のあり方

子ども部屋は住宅の中で一番変化が求められる空間です。子どもの成長によって部屋に求められるあり方は変わってきます。子どもがまだ小さい幼少期は、子どもがのびのびと遊べる空間が求められます。兄弟姉妹と共に遊ぶスペースがあると家で過ごす時間も楽しいものになります。小学生頃になるとお友達が家に遊びに来て遊ぶことも増えるでしょう。お友達と遊ぶ時間を大切にできる空間が求められます。
また兄弟姉妹共に勉強できるスペースもあると勉強も楽しみながらできます。この時期頃までは子ども達それぞれに個室を設けていても個室を活用する機会というのはほとんどありません。個室よりは広々ワンルームの子ども部屋が求められます。

中学生頃になると自分一人で過ごす時間も増えてきます。試験など集中して勉強する空間も必要となってきます。このころになると個室を求めるようになります。広々ワンルームから二つ、ないし三つに区切られる子ども部屋がいいと思います。1ルーム2or3ドアの子ども部屋が最近では多く取り入れられています。将来個室になることを考え、あらかじめ出入りするドアやクローゼット、照明に窓、コンセントなどこれらを設置しておきましょう。

これらの環境を整えておくことでいつでも空間を区切ることができるのです。子ども達が成長し、巣立っていけばまた子ども部屋は必要なくなります。第二のリビングルームにしたり、子ども達が帰省した時にゆっくり休める家が求められます。子ども部屋はこのように成長に合わせて空間のあり方に変化があるので、その変化に対応できる空間にしたいものです。

洗濯物干し場

毎日行う家事の一つに洗濯があります。
洗濯物が乾かず、衣類から嫌な臭いがすると不快に感じ、また家事に対するストレスにもなります。
洗濯物がしっかり乾き、洗濯機からなるべく近く、干しやすく、急な雨でも対応できるように雨よけがあった方がいいなど洗濯物干し場への希望は意外とたくさんあるのです。

二階のベランダに洗濯物干し場を設けている家庭も多いです。
現在私が住んでいる住宅にも二階のベランダに洗濯物干し場が設けられています。
洗濯機は一階にあり、濡れた洗濯物を二階へ持って上がるのは意外と大変です。
また一階で休憩中、急な雨で洗濯物を取りこまないといけない時もわざわざ二階へ上がるのは面倒です。
このことから考えて洗濯機の置いてある場所からなるべく近い位置に洗濯物干し場を設けるといいのです。

一階に洗濯機があれば一階に洗濯物干し場がある方がいいということになります。
私の友人はリビング・ダイニングの先に洗濯物干し場を設けていました。
雨よけとなる屋根も設けられており、急な雨でも対応でき、またリビングで休んでいる時雨が降り出してもすぐに洗濯物を取り込めるので便利です。
しかしリビングから洗濯物が目に入るのが来客者が来ている時は抵抗を感じると話していました。
私は洗面室に勝手口を設けその先に洗濯物干し場を設けたいと考えています。
洗濯機からは近く、来客者が来ても洗濯物を見られる心配はありません。
毎日行う家事だからこそストレスを感じることなく、楽しみながら家事ができる環境にしなければいけないのではないでしょうか。

介護を想像した住まいづくり

住まいを新築する時、もし、家族が高齢になったり、病気などによって、体が不自由になったりしたらと想像して、間取りを考えていくことは少ないようです。或いは、想像したとしても、実際に自分自身の体が不自由でなく、また、介助経験がない場合は、現実的な対策にならないことも多いです。介助をする場合、介助される人の要介護度、それに伴う補助具の種類によって、必要な広さは変わってきます。単に、広ければよいというものではありません。

私の友人が住まいを新築した時、1階の玄関ホールから南側にLDKを設け、東側に廊下を伸ばし、その突き当たりに母親のプライベートルームを作りました。廊下の北側には、トイレ、バスルーム、洗面脱衣所を設け、廊下の南側には2階への階段を設けました。
そのため、廊下は比較的狭くなりました。しかし、元気な母親が自立歩行するのですから、問題はありませんでした。

しかし、6年後に、大病をして以来、歩くのに、杖が必要になりました。トイレや入浴には、彼女の支えが必要になりました。しかし、トイレは狭く、便器の位置も横向きなので、介助するのに、かなり難しいです。本人のために、手摺をつけたのですが、介助する時は邪魔になり、肘などを打ってしまいます。もう少し、広さに余裕を持って、作ればよかったと思っています。トイレの広さを考えるのに、車椅子が楽々入ることができる広さにするというのは、現実的ではありません。

しかし、体調が悪くなった時、トイレに付き添ったり、便器に座る時に、介助したりすることは、日常生活の中で、容易に想像できます。トイレ自体の広さに余裕を持たせた上で、主に介助するだろう家族のきき腕などを考慮して、便器を片側に寄せ、便器の横に介助者が入ることができるようにすれば良かったと思っています。それにしても、あまりにも、狭くしてしまいました。

住まいの動線と冷暖房効率

住まいを新築する時、人の動線を想像した上で、間取りを考えていきます。住まいの動線の起点は、屋外からの入り口である玄関です。住まいの中で、靴を脱ぐ習慣の日本では、玄関は靴を脱ぐ玄関土間と屋内の入り口となる玄関ホールからできています。少し前までは、この玄関ホールに1階と2階を繋ぐ階段を設置することが多かったです。リビングやダイニングに階段を設置しないことで、LDK全体の冷暖房効率を上げることができます。居住空間の快適さを考えれば、玄関ホールに階段を設ける選択が良いと言えます。ただ、子ども達とのコミュニケーションのことを考えると、玄関ホールでなく、リビングやダイニングに階段を設けた方が良いとも言えます。

私の友人が住まいを新築する時、住まい全体の冷暖房効率を考えて、リビングやダイニングに階段を設置せず、玄関ホールに設置することにしました。LDKには、南側に大きな掃き出し窓を設け、北側のキッチン背後の壁には、ハイサイドライトを設けました。そのお陰で、風通しがよくなり、居住性が上がりました。大きな掃き出し窓からは太陽光が降り注ぎますから、晴れた昼間は冬でもポカポカしています。窓ガラスには、複層ガラスを採用しましたので、断熱効果が抜群です。リビングにもダイニングにも階段を設置しませんでしたから、2階へ暖気が逃げたり、冷気が漏れたりすることが無く、冷暖房効率が高くなります。彼女の家族は、御主人と娘さんが1人です。もともと、娘さんは母親である彼女とは仲が良くて、

階段をどこにつけようと、帰宅するとすぐ、必ず、手洗いうがいの後で、彼女のいるキッチンへやってきます。ダイニングテーブルでおやつを食べて、そこでそのまま、宿題をします。家族のコミュニケーションという問題よりも、冷暖房効率を上げることの方が良いと考えたそうです。